ハネムーンの行き先

もう何年前のことになるだろうか?私たち夫婦が進行旅行先として選んだのがネパールだった。正確にいうとタイとネパールだった。

それまでも婚前旅行という形だがアジア圏を二人では旅していた。俗にいうバックパッカーという種族だ。お金をあまりかけずに自分たちのペースでのんびりいやダラダラと旅を続けるというスタイルだ。

新婚旅行ということで、そんな貧乏旅行マニアの二人はなかなか普段では選ばないであろう『モルディブ』をハネムーン先に考えていた。二人で書店に出向き、青い海や素敵な水上コテージが並ぶモルディブのガイドブックを手にワクワクしていた。本当にワクワクしていたんだ。

あの本を手に取るまでは(笑)

その本とは、、、そう『ネパール 地球の歩き方』だ。 何気なく手に取ったのだと思う。深い考えなく。

しかし、その本を手に取った時点で二人のハネムーン先は決まっていたんだ。もう先ほどまでワクワクしていたピッカピッカのモルディブの水上コテージを見ても全然ワクワクしてこないんだ。やはり我々は根っからの貧乏旅行ラバーだったみたい。

結局いつもと変わらず行先はアジア。でも、まだ足を運んだことのない未開の地「ネパール」が行先に決まった。

行先がネパールに決まってからはもう頭の中でアドレナリンがじわじわと流れ出つづけた。